相続に関する悩みやトラブルは弁護士に相談~今後の人生を考える~

business team

適切な場所に相談

相続税の仕組み

employee

相続税は被相続人が所有している財産を配偶者や子供たちに相続した場合に課税される税金をいいます。 財産価値は何千万円以上のものが対象となりますので、納税額も高額になることもあります。 税制改正により非課税限度額の引き下げにより、今まで課税対象外だった人が課税対象になることが予想されます。 この税制改正のより、今後相続税の納税者が増えることが予想されます。 少額の財産でも課税対象になる可能性もあり、例えば一軒家を所有しているサラリーマン世帯でも課税対象になることもあり得ます。 実質給料が下がっている近年で、相続税の納付は予定外の出費になりかねませんので、生前のうちに相続対策を進めておく必要が出てきます。 では、どこに相談すべきかを次に紹介します。

税理士に相談

そこで、相続相談を誰にしたらよいか分からない人もいらっしゃいます。 税金に関わることから税理士に相談することがベストです。 今後増加される相談内容としては、相続対象になるかならないかです。 非課税限度額の引き下げにより、現在所有している財産の課税対象金額と納税予定額がいくらになるのかを相談される人が増えるであろうと予想されます。 税金の専門家である税理士は相続税についても熟知しています。 生前のうちに納税シミュレーションや対策を税理士に相談することで現状を知るきっかけにもなります。 長年かけての納税対策となりますので、焦る必要は皆無です。 まずは相続税について知ることからスタートして、一つ一つの所有財産を確認しながら分からないところがある時は税理士に相談するのがベストです。