相続に関する悩みやトラブルは弁護士に相談~今後の人生を考える~

business team

トラブルが多い

ネットで調べる

employee

最近では、相続の問題が拗れてトラブルにまで発展するご家庭も増えています。 それほど資産がないご家庭でも、相続の問題は起こってしまうのです。 その対策の為に、死後の財産の分け方について遺言書に書く人が増えています。 しかし遺言書を書く場合には、注意するべき点もたくさんあります。 その為、弁護士に相談して遺言書を書く人が増えているのです。 最近では、遺言書について相談に応じてくれる弁護士がたくさんいます。 静岡県にも相談に応じてくれる弁護士がたくさんいるので、静岡県にお住まいの方も気軽に相談に乗ってもらうことができます。 最近ではインターネット上にホームページを開設している弁護士事務所もたくさんあります。 ですから静岡県にお住まいの方は、そのようなホームページを参考にして静岡のどの場所に弁護士事務所があるのかを確かめてから行かれた方が良いです。 また相談料についてもそこに載っている場合が殆どなので、どれほどの費用がかかるのかもそれを読んで予め確認しておく必要があります。 折角遺言書を書いたのに、無効になってしまったら悔やんでも悔やみ切れません。 ですから、遺言書は間違いのないように書く必要があります。

長男が相続していた

昔は長男に全ての財産を相続させるという形を取るのが普通でした。 これは江戸時代から続く風習でもあったのですが、全て長男に相続させることにより兄弟間での揉め事が起きないようにしようとした面もあります。 しかし長男は、全てを相続する代わりに色々な面で責任を負うという役割も担わされました。 それによって家族制度が上手く循環していたのです。 しかし戦後になり時代の変化により、家族よりも個人が尊重されるようになりました。 それでも、一昔前まではそれほど相続で揉めるということはありませんでした。 それは、家族制度という風習がまだ残っていたからでもありました。 また正月やお盆には必ず家族で集まって、絆を再確認し合っていたからでもありました。 今では正月やお盆にも帰らずに家族間の絆が希薄になったことが、相続問題が多く発生するようになった原因とも言えます。

適切な場所に相談

employee

相続税は被相続人が所有している財産を配偶者や子供に相続した場合に課税される税金で、何千万円以上のものが対象になり納税額も高額になってしまいます。そのため、相続相談を早めに行なう必要があるのです。

» 詳しくはこちら

相続税の支払い方法

employee

身内が亡くなって困るのが相続税の支払いについてです。税金の支払いが負担になるというようなこともあります。ですから事前に静岡の相続の知識や経験のある弁護士などを探して、節税の対策を行うようにしておくといいでしょう。

» 詳しくはこちら

相続専門のサービス

employee

静岡には、個人向けの相続専門サービスを提供している税理士事務所がたくさんあります。ただし、不動産の登記名義人変更手続きについては司法書士に頼む必要があります。複数の事務所へ行くのは面倒だと感じる人は、司法書士事務所と提携している税理士事務所を利用するとよいです。

» 詳しくはこちら